一般社団法人設立

一般社団法人とは、平成20年12月1日施行の「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」に基づいて新たに誕生した 社団法人です。次のような特徴があります。

    • 名称中に「一般社団法人」という文字を使える

法人名として「しのだ一般社団法人」または「一般社団法人しのだ」のように「一般社団法人」という文字を使うことができます。 逆にいうと、一般社団法人以外はその名称を使うことができません。

    • 公益性は問われない

一般社団法人は、営利を目的としない非営利法人ですが、今までの公益法人とはことなり、事業目的に 公益性がなくても設立することができます。 公益性があるとは、不特定かつ多数の人の利益を増やすことを目的としているということであり、個人や 特定のグループのみの利益を目的としていないということです。 つまり一般社団法人は個人の利益を追求 する法人でもかまわないということです。 営利を目的としないとは、株式会社のように利益を出資者などに配当しない、という意味です。

    • 誰でも設立できる

管轄する官庁から許可をもらわなければ設立できなかった公益法人が、条件さえ整えて申請すれば、誰でも 設立できるようになりました。

    • 設立時には基金(資本金のようなもの)は0円でスタートできる

一般社団法人は、人が集ることによって法人格が与えられますので設立のための要件として、 2名以上の人(社員)がいれば、基金なしでも設立できます。 ※社員には、個人はもちろん、会社などの法人も就任できます。

    • 登記のみで設立が可能

法務局に団体の設立に関する目的や名称、役員などの詳細を届け出ることによって設立されます。 従来の社団 法人は主務官庁(監督するお役所)の許可が必要でしたから、設立が非常に難しかったのですが、 一般社団法人 が登記申請のみで設立できるということは要件さえ満たせばだれでも自由に設立できるということを意味します。