相続

相続の際、負の財産と不動産の扱いが重要です。預貯金や有価証券は換金しやすいので何とかなりますが、不動産は資産価値の高さと換金性の低さで問題になりやすいと感じます。

また、負の財産が後で発覚しないように十分な注意が必要です。連帯保証人になっているのを相続人が知らないケースはありえます。どうぞご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です