営農型の農地一時転用

この件はフェイスブックにも投稿しましたが、農業振興地域に現行制度で太陽光発電設備を設置するのはかなり困難です。
そこに登場した営農型の農地一時転用は画期的なアイデアです。農作物を耕作しながら上で太陽光発電をするのは、耕作物に必要な日照の問題さえクリアできればとてもよいと方法だと思います。

しかしこれは畑に屋根をつけるようなもので、多くの場合未知の世界への取り組みです。

行政はあまり慎重にならず、積極的に取り組む方針で運用してほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です